企業に欠かせないシステム開発をするような場合は、絶対に信頼できる業者に依頼することが重要です。
いわばビジネスの根本ともいえる部分の開発のため、入念なチェックや緻密な計画が必要になってきます。
このようなビジネスの根本となるシステム開発を依頼するに値する業者の選びかたですが、信頼度と技術が不可欠になってきます。
これまでにいくつものシステム開発実績があり、開発後の企業の動向も良好、このような実績のあるような業者に依頼できるかが重要になってきます。
また技術の部分についてならば、斬新かつ画期的なアイディアを取り入れて独自の商品を展開しているということなどが重要になってきます。
また、このような重要なシステム開発はある程度の時間をかけて行う必要があるでしょう。
決して見切り発車のようなことは避けましょう。
企業に欠かせないシステム開発をする必要があるならば、まずは技術力の高い信頼できる業者探しからのスタートとなるでしょう。

信念をもったシステム開発とは?

| トラックバック(0)


システムとは、コンピュータなどのハードウェアと、ハードウェアに実装されているソフトウェアです。
それらの全体を考え、動作させ、人間が必要とする手続きの自動化を目的とした活動が、システム開発です。

人間が経済活動を行うときに、ルールが必ず存在するのと同じで、
サービスのユーザがルールを意識せずに利用できることが最大のメリットであり、システムを作る動機でもあります。

システム開発には、外部設計、内部設計、詳細設計と手順を踏んでいく必要があります。
たとえば、銀行のオンラインシステムのATM表示画面は、指をタッチすれば、さまざまな画面が出てきます。
この画面のデザインも画面設計と言われます。
このシステム開発に取り組んでおられるエンジニアの方の頭は、どんな構造をしておられるのでしょうか?
システムエンジニアとは、日本の情報システム分野におけるコンピュータ技術者です。
情報システムの設計、開発、運用などや、それらを統括管理するプロジェクトマネジメントなどに従事されている者をこう呼んでいます。

複数のSEによるシステム開発

| トラックバック(0)
システム開発するときは、1人のシステムエンジニアで開発を行う場合もありますが、殆どの場合、システム開発には、複数のシステムエンジニアがかかわります。
このような、複数のシステムエンジニアによる、システム開発の場合に、気を付けなければならないことがあります。
それは誰が、どの部分を開発するか、という担当する部分の問題もありますが、もっと大切なことは、そのシステム条件の、お互いの確認を、開発中、何回も確認することです。
つまり各人で分担した開発が、きちっとそのシステム条件に沿って、開発されているかの、確認です。
そうしないと、出来上がった各人のソフトをつないで、動かしたときに、何処かで条件があっていなかったりして、システムが、最初の要件通りに、稼働しないからです。
システムを、最初の目標にしたがって稼働させるためには、この途中での、確認が絶対に必要になります。
この仕事は、システムマネージャーと言われる人の仕事です。

Facebookアプリ開発について検討する

| トラックバック(0)
みなさんの中にも、普段からFacebookを利用しているという方は多くいらっしゃるのではないかと思います。
最近では、Facebookの登録を義務付けている会社などもあるようで、ますますFacebookに参加することが増えていくことも予想されます。
また、Facebookに登録したことで、旧友とつながることができたり、海外の友人とコミュニケーションが取れたりと、まさにその可能性は無限に膨らんでいくといってもよいのではないかと思います。
そのように、需要が高まっているFacebookにおいて、Facebookアプリ開発というのは、とても重要なのではないかと考えられます、なぜなら、Facebookアプリの需要も高まってきていると思うからです。
Facebookアプリ開発をするためには、やはりアイデアが必要だといえるのではないかと思います。
ユーザーの志向にも気を付けつつ、開発をしていくとよいのではないかと思います。

システム開発を行うには、親身になってくれ、かつ、能力のあるITコンサルタントやシステムエンジニアと出会うことがポイントになります。
クライアントのニーズをしっかり汲み取ってくれる、細かいニーズにも手間がらずに対応してくれる業者を選びたいものです。
また、依頼するシステムが特定の専門的な分野である場合には、その分野のシステムを開発した経験があるところに頼むのがスムーズです。
例えば、保険などの見積書を作成するなら、最低限の知識があったり、他の会社で実際に業務を請け負った経験があるところが望ましいです。
ECショッピングサイトを作りたいのであれば、実際に開発した事例を教えてもらい、そのサイトをまずはユーザーとして検証してみて、使い勝手の良さや見栄えの良さなどを確認してみましょう。
システム開発には、スケジュールの管理と予算の管理も必須になります。
任せきりにせず、お互い、定期的にミーティングなどを行って、コミュニケーションを図り、進捗状況を確認し、気になる点は、なるべく早い段階で意見や要望を伝えましょう。
PR:システム開発ならSYSTEMGATE


みなさんは、Facebookは使っていますか?
最近は、このFacebookを作った人が映画になったり、ご結婚されたことでも話題になりましたね。
このFacebookの利用者は、なんと世界中に5億人もいるのだそうですよ。
これは、すごい人数ですよね。
さらに利用者は増えているのだそうです。
ユーザー数が多いということは、そこには大きな市場があるということでもあります。
最近では、企業もこのFacebookに注目して、
告知や懸賞やサンプリングなどさまざまなキャンペーンを行っていますね。
企業以外でも、WEBシステム開発の分野でも、
このFacebookは大きな注目が集まっています。
そのなかでも、Facebookアプリ開発は、今一番アツいのではないかと思いますね。
インターネット上には、たくさんのFacebookアプリがあり多くのユーザーが利用しています。
Facebookアプリ開発で、大きな利益を上げてるいる人もいるそうですよ。
Facebookは日本国内だけでなく、世界に向けて発信できる重要な場だとわたしは思います。
このFacebookには、世界を目指すチャンスが秘められているのではないでしょうか。


WEBシステム開発では、遣い易い、モバイル系の開発が盛んになって来てます。
モバイル系の開発が盛んになる理由は、遣い易いだけではありません。
ネットへの接続速度が速くなるし、何処に居ても、インターネットを遣うことが出来るからです。
また、大きな理由のひとつには、SNSへの参加者の急増でしょう。
パソコンよりも手軽な、モバイルでの参加が便利だからなんです。
尚、今人気があがって来てる、フェイスブックを始めてみようかという人達も、モバイルが便利なので、利用者が増えて来てます。
ですから、WEBシステム開発は、フェイスブックアプリ開発が増えて行くと思われます。
利用者が激増すれば、それに合わせていろいろな開発が進められるのは、必然です。
これからのWEBシステム開発 は、フェイスブックアプリ開発へ焦点を合わせた方が良いでしょう。
また、その方が、利用者からもありがたがられて、造り甲斐があると思います。
造り甲斐があってこそ、開発も進んで行くんです。

WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発が可能ならば

私は数か月前にケータイを機種変更しました。
以前はいわゆるガラケー、フィーチャーフォンなどと呼ばれているものを使っていたのですが、今回の機種変更を機にスマートフォンを使い始めました。
スマートフォンを利用していて思うのは、アプリを活用すると日常生活が本当に便利になるのだということです。
さて、このスマートフォンアプリですが、無料のものと有料のものがあります。
有料のアプリはユーザーが支払った料金から開発者にお金が支払われるのでしょうし、無料のアプリであってもそのアプリの利用中に広告が表示されたりしますので、その広告主から開発者の方にお金が支払われていることでしょう。
これから先はスマートフォンのユーザーも増えるでしょうし、それに伴って多くのアプリユーザーが生まれるでしょうから、WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発の技術やノウハウを持っていて、その開発をする時間や設備があるのならば、それを活用することで一儲けできるのではないでしょうか。

 

老人ホームの救世主、介護ソフト

| トラックバック(0)

老人ホームの救世主、介護ソフト

高齢化社会によって、さまざまな福祉サービスが増えています。
ホームヘルパーが利用者の家を訪ねて介護サービスを行うものや、老人ホームのように、施設で利用者を預かってサービスを行うものなど、その利用者さんの状態によって受けられるサービス、受けたいサービスもさまざまです。
しかし、この介護サービスを受けるためには、その利用者さんがどの要介護レベルなのか、月にどれくらい福祉用具や介護施設のサービスを受けられるのかという確認や申請などが必要になります。
例えば、老人ホームだと、日に何人の利用者さんがいて、何時に誰を送迎して、食事は誰にどんなものを出して、どれだけの金額を請求して...という作業が必要になってきます。
この作業を行う職員さんの負担を減らすものとして、今注目されているのが「介護ソフト」です。
介護ソフトがスケジュール管理や介護保険業務などを取りまとめてくれるのです。
是非利用して、業務効率を上げてほしいですね。

 

勤怠管理のWEBシステム開発

| トラックバック(0)

勤怠管理のWEBシステム開発

会社の総務や人事の方が、管理が大変だという中の一つに従業員の勤怠管理があります。
小さな会社でも大変ですし、これが大企業になりますと絶対数が多くなりますので、もっと大変になります。
また、タイムカードなどで出退勤を管理している場合は、締め作業の時に、その時間を一人ずつ一ヶ月分追ったりしなければいけない手間もあります。
こんな、少し面倒だけれどもきちんと管理しなければいけない勤怠管理ですが、最近ですと良いWEBシステム開発がされている事が多く、それを利用しての勤怠管理を行っている企業が殆どだと思います。
もしも、これから勤怠管理にWEBシステムを導入しようと考えている企業の方がいたら、そのWEBシステム開発を依頼する前に、業者をきちんと選ぶ事が、とても大切な事だと思います。
その為、まずは依頼する前に見積もりを依頼したり、その業者の特徴や納期などの対応を詳しく調べておく必要がありますし、急なシステムトラブルにも対応できる業者である必要があります。

大幅なカスタマイズでシステム開発

| トラックバック(0)

大幅なカスタマイズでシステム開発を円滑に進める方法を考えて見たいと思います。今まで数々のカスタマイズを受けながらこれは駄目だなって事を上げてみようと思います。短納期ですね。これはお互い不幸な結果になってしまいます。無理だと言ってもなかなか利いていただけない方がいらっしゃるのでここは難しいのですが、正しい納期の提示にはしっかりとしたがってほしいものです。

ある程度しっかりとした計画と実行が必要なのです。SEのスキルは当然大切ですが、なかなか納期を確実に守りながら開発できる人はいません。人間間違いはあるのですが、毎度毎度は駄目ですから仕事であればしっかりと責任をもって対応して欲しいと思います。基幹システムはこれからWEB化の波が押し寄せてきますが、環境の変化など問題はいろいろ出てくると思いますが、しっかりと教育もしていかなければいけません。

 

クラウド化する流れに乗るシステム開発の必要性を最近強く感じます。先日クラウドシステムで有名なセールスフォースさんのセミナーにお邪魔した時正直驚きましたしここまで進んでいるのかとショックを受けました。営業単位でノルマ設定する仕組みがプロジェクト管理まで同時にできるようになっていて積算のようなシステムもドッキングできるようなイメージで何でもできてしますのではと思ってしますシステムで、流石世界でたくさん販売されているソフトは違うと感じました。機能は良く似たメーカーもあるにはあるのですが何が一体違うのか考えるといろいろわかってくる事がありました。ブランディングの構築方法がとても上手で営業力が優れているのでしょう、それはセールスフォースのシステムを社員がちゃんと使いこなしているからに他なりません。今後更にクラウド化の波は大きくなってくると思いますができるだけ弊社もその流れにのってビジネスを推進していきたいと思います。

 

製造業のシステム開発

| トラックバック(0)

製造業のシステム開発につきましても最近周辺の環境についてはネットを活用するようになってきました。基本はVBなどが主流ですが、データーを各工場でも携帯してみる事が出来るなどいろいろとメリットがあるようですが、基幹システムの構造をWEBで提供する企業もあるようですが、これからその動きはかなりありそうです。先週からかなり寒くなってきましたが、先日関東に行って来ましていろんなIT企業の社長とお話させていただく機会がありましたが、どうも皆さん景気の動向が気になる様子で、しっかりとした自社パッケージにかなり力を入れておられるようです。

クラウド系のシステムは特に開発を進める動きがあり皆終始その話題でもちきりでした。今後の活動が気になる様子で弊社も製造業もですが、業種特化したシステムのクラウド化に集中投資するところですからまずはその販売が重要になってくると思います。パッケージ販売は確かに粗利は低いサービスになるのですが、開発コストが一定である程度出荷すればあとは全て利益になるというのは助かるサービスと言えるでしょう。オービックさんのようにどうすればあんなに販売できるのか知りたいですね。

 

WEBシステム会社もマーケティングは重要になってきました。様々な開発の案件をこなす中でシステム開発野中には、ポータルサイトの運営からのアドバイザーや不動産管理サイトの運営などシステムだけでは収まらない案件がほとのどで、クライアントに安心して提供できるシステムを開発できたとしてもその後の運用までアドバイスできなければまったく通用しない時代になりました。正にマーケティングの重要性を皆実感しているのだと思います。ただなかなか本業に忙しい皆さんはなかなか積極的に勉強することも無く日が過ぎて行く会社と今一生懸命マーケティングの勉強をしている会社では5年後大きな差が生まれていると考えられます。それはもう埋めようの無いほどの差となってその時を迎える事でしょう。リスティングの技術は勿論SEOの技術も全てすぐにできるような物ではなく積み重ねがなければ出来ないサービスだからです。

販売管理を売り歩いていた頃を思い出します。今から15年くらい前でしょうか入社したての私の仕事は飛び込みで一日100件訪問でした。今から考えると本当に知識もなければ行動力だけだったのですが、熱い日も寒い日も毎日訪問していました。インターネットの活用で飛び込みをしなくなってきたのですがよく考えてみるとあの頃の方が出会いは当たり前の事ですが多かった事が懐かしく思います。断られることがほとんどだったのですが、何度も同じところを訪問しているとだんだんそこの社長と仲良くなって購入してくれる人がいました。

そんな人はあまり値段は言わずにある時買ったると行ってくれました。とても人間味のある関係でした。今は本当に競合させられて値切られて最後に負けるか勝つかみたいな真剣勝負でもちろんこれを否定しているわけではないのですが、楽しかったのは間違いなくあの頃です。充実していました。若い人にももっとそんな体験をして欲しいと思います。

WEBシステム開発で有効な提案

| トラックバック(0)

WEBシステム開発で有効な提案について考えてみたいと思います。特にWEBに関しては必ずと言っていいほどその機能について聞かれます。人が使って役に立つ物を提供することが役割としてあります。そしてWEBシステムを使うのはエンドユーザーであることがおおいいので、社員だけの納得では難しく使う人がメリットのある内容でなければ採用されませんから業務にどっぷり浸かった提案が必要でしょう。

WEB制作のなかで取り組むべきことがあるとすればそこが重要だとおもいますので経験が大事だと思います。社会経験でいろんなことを遊びも含めてやってきた人は物事の理解が早いのでよい提案ができる人がおおいいと思います。基幹のシステムについても本当はそのような要素は必要で遊びのなかに便利な機能があることがおおいいことは大手の基幹システム開発のマネージャーも言ってました。頭が固いといいものができないですね。営業も同じです。これからはいろんな事を思考できる能力が必要だということでしょう。


システムコンサルティングを入れるとコストアップ

当たり前のことですがシステムコンサルティングを入れるとコストアップします。
ちゃんとした設計ができるコンサルティングをプロジェクトに入れると仕事の効率化が
図れます。
クライアントによってはそこまで必要ないとおっしゃる方もおられますが
7年後のサービスやシステムの仕組みに耐えれる物でなければいけません。

システムコンサルティグの仕事は様々なクライアントが抱えるリスクを
最大限無くすことを目的とした人員で構成されています。
業種知りつくしたプロフェッショナルだと考えます。

少々コストがかかってしまいますがリスクを考えるといたし方ありません。
本当に安心な物を残そうとするとそれだけ時間がかかりますし開発も時間がかかる

すぐに完成するものは所詮その程度です。
しっかりと時間を掛けて考えられたものは価値があります。

アップル創業者ジョブズの功績

| トラックバック(0)

アップル創業者ジョブズの功績について考えてみたいと思います。

アップルと言う名前をはじめて聞いたのは中学生の時だったと思います。

親父がパソコン関係の仕事をしていたので富士通のパソコンとアップルの

パソコンのカタログを見せながらどれがほしいとよく聞かれたことを覚えています。

しかし当時私はパソコンにはまったく興味がなかったので我が家にパソコンが

設置されたのはそれから約10年後のウインドウズ95がでてからの購入でした。

その時代は完全にウインドウズの時代でアップルはどちらかと言うとデザイン会社の

パソコンと言うイメージでしかありませんでした。そしてアイマックがでてきて

アイポッドそしてアイフォンと続々と新商品を投入して業界の変革を行ったのが

ジョブズではなかったのではないかと思います。特にアイフォンは

インターネットが出てきた時くらい衝撃をうけすぐにお店に見に行ったのを覚えています。

インターネットがpcの検索で閲覧できワードやエクセルも使えるのは

ほんとうに素晴らしいしビジネスメールも簡単に閲覧できるので

簡単な仕事でしたらアイフォンで十分です。こんな商品を世に贈ったジョブズは

すごいとしかいえません。本当にありがとうと言いたいですね。

システム開発 電装システム

| トラックバック(0)

システム開発 電装システムでオーダーメードの開発を請け負ったことがあるのですが

電装システムは、カーナビや車の電気系統の修理管理や伝票発行そして請求など

トータルのシステム開発で電装品のマスターデータを各電器メーカーから

事前に提供をうけ使用するシステムですが、使いやすいパッケージシステムがなかっ

たことでオーダーしたのですが、当時かなり大変な開発でした。開発環境は

VBでデーターベースはSQLの組み合わせでクラサバでクライアントは4台で運用して

いました。様々なクライアントのシステムを開発してきましたが今後はWEBシステムが

どんどん増えていくことが予想されクラウドの運用も本格的に始動しそうです。

ECコンサルによるシステム開発

| トラックバック(0)

ECコンサルティングによるシステム開発

ネット通販はECコンサルでしっかりとコンセプトを打ち出しシステムの設計から

集客の提案までトータルでネット通販の成功にかかわる中心的役割を果たさなければ

なりません。そう考えるとECコンサルタントの役割はとても重要で将来の通販サイトが

成功するかしないかはこのECコンサルにかかっていると言っても過言ではありませ

ん。何気なく儲かりそうだからと通販サイトを制作する企業が後を絶ちませんが

通販サイトの中で成功するサイトはほんの数パーセントといわれています。

初期投資が大きい通販サイトは中々採算ベースに乗せるのが難しいと言われていま

す。しっかりとした人件費を省力化するシステム機能と検索エンジンの上位対策

が成功の秘訣であることは間違いないのでしょうが、そこをしっかりと提案できる

企業は少ないように思います。

google担当者のセミナー

| トラックバック(0)

google担当者のセミナーに先月出席したときのことですが

近年の検索エンジン市場でまず起きていることは

コンテンツ回帰ということでした。作為的な対策で検索エンジンを

欺くことは今後難しくなりシステムをつかった上位表示対策が

盛んに行われる今すでに米国では通用しなくなってきているようです。

パンダアップデートが着実に行われていると言うことでした。

今WEBで生きている企業家は、とても気になる情報だと思います。

大阪で行われることが珍しいその種のセミナーでした。

私も検索エンジンには興味がありますのでとても参考になり

更には弊社の今後の開発にも影響することは言うまでもありません。

JAVAなどの言語がますます重要になりアンドロイド上で動くアプリ開発など

googleにはやはり注目が集まります。世界の中心はGoogleに在りですね。

 

 

パッケージ販売の未来

| トラックバック(0)

パッケージ販売の未来は今後更に加速しクラウドの時代に突入するでしょう。

カスタマイズ用件が強かった基幹システムですが今後機能的にすぐれ

業種特化したシステムがどんどん開発され特にオリジナルシステムを

開発する必要がなくなりつつあるのです。強力なパッケージ戦争が始まり

細分化された業種にマッチする機能性勝負の厳しい世界です。

早期にニッチ市場に打ってでた企業が勝者となり業界を支配するのでしょう。

その販売戦略が命運を左右すると考えると経営者の判断が大切になります。

WEBシステム開発の進化

| トラックバック(0)

WEBシステム開発の進化をここにきて強く感じます。

世間ではクラウドということばが広がっていて一種のブームになっていますが

クラウドが一般の皆さんに何をもたらしてくれるのか考えています。

インターネットのブロードバンド化で今まで普及していなかった

WEBシステムも広がりつつあります。更には震災の影響で

データーの格納場所の問題でクラウドに移行する企業もふえているそうです。

毎年数億円単位で投資している企業も多数あるようでそのような

企業がこれから先どこに向かおうとしているのかが重要な鍵になります。

思考的要素が次のシステムの鍵ではないかと思います。

グーグルなどは人工知能の研究も進んでいると言われていますので

そこから派生するシステムは私達中小企業の分野ではないかと思います。

 

システム開発で中国進出

| トラックバック(0)

システム開発で中国進出を検討している企業は私の周りでも沢山おられます。

中国にはとても魅力的な動機が何点かあるのです。

それは中国はこれから先更に発展する余地があり日本で言う高度成長と

バブルが同時に来たような状況であることと、そもそもの人口の規模13億人

の民がいる市場がある。そんな国はインドと中国しかありません。

インドは遠いし文化の違いがあまりにもおおきいと考える人もいるようです。

なんとなく中国人は香港でお付き合いしていましたのと留学生がたくさん

来日しているそして中華料理は身近です。最近は中国進出を支援する

コンサルティングが盛んにおこなわれているようです。

ちなみに私も11月に中国の上海に出張でいってきます。

 

システム開発 販売管理編

| コメント(0) | トラックバック(0)

システム開発のなかでも販売管理システムは一番企業にとって導入するニーズの

高いシステムではないでしょうか。商社であれば商品点数を管理しながら伝票そして

請求書と発行するシステムですがとても一般的なシステムで中小企業であれば

汎用機かpcサーバーを構築した社内システムが一般的だったと思います。

近年はクラウドの登場でWEBサービスがたくさんでてくるようになると

開発環境も様変わりしjavaなどの開発環境が増えデーターベースもオラクルなど

様々なものが新たにでてきました。そんな開発閑居にあわせて即座に対応できる

人材の確保が重要になってきており人材獲得競争が起こっています。

開発のスペシャリストは求人の引き合いもひっきりなしでスカウトもあります。

何千万で人のやりとりがされている状況もあるそうです。すごい話ですが

現実に大手では行われているのではないでしょうか。

 

ホームページ作成時はCMSを活用

| トラックバック(0)

ホームページ作成時はCMSを活用する時代に入ってきました。

企業は、ホームページ作成を通じて活用することが求められているのです。

では、CMSとは一体どんなことができるのでしょうか?

企業が活用するためには簡単にホームページを変更しやすいようにしなくては

いけません。現状のHTMLでコーディングされているホームページであれば

もしテキストだけ変更したい場合でもコーディングからはいっていかなければ

いけませんがCMSであればワードで文字を入力するようなイメージで更新できます。

効率がいいですね。ただしWEBシステムですので基幹システムに慣れた企業が

Webシステムが使いやすいと感じる人はほとんどいませんのでそこがあまり

広がっていない理由の一つかもしれません。ウインドウズ世代は入力系の操作性がすぐ

れているので使いやすいですね。一昔前のオフコンからウインドウズに変わりそして

WEBシステムに移行するそんな時代の変化を感じます。変化の時には必ず使い勝手が

悪くなったイメージがでてきます。それをカバーする便利さがその裏には必ずありウインド

ウズの場合ソフトの互換性の高さが爆発的なヒットにつながったのでしょう。

時代が求めればあっという間に移行しますので、いま正にインターネットの時代ですから

シェアが広がれば自然に操作性も改善され更に広がるスピードが加速することは

間違いないのではないでしょうか。更なる技術革新が求められています。

開発言語

| コメント(0) | トラックバック(0)

開発言語で今の主流はPHPではないでしょうか

大体弊社のオファーもPHPが8割を超えてるWEBシステム開発言語です。

そしてそこに力をいれているところです。

弊社が保有するポータルサイトもPHPの技術を使って開発していますが

いつも気をつけていることがだれでも使いやすいシステムでないといけない。

そこに気を配れないシステム会社は将来生き残っていけないとおもいますし

開発者のスキルもそこでわかります。

もちろん開発スピードや納期に対しての確約それ以外にPHPのコーディングスキルなど

お客様のためにすべての技術を磨きそして提供することが重要だと考えます。

当然細かな仕事もありお客様の要望を100㌫かなえることは難しい時も

ありますが、その時々でベストを尽くしお客様に納得してもらえる

システム会社でありたいと思います・WEBの可能性はまだまだこれからで

はっきり言ってこれからが勝負ではないかと思います。

先行している企業も当然ありますがまだまだ本当に意味で顧客満足度の高い

会社は少ないと感じておりますので弊社はお客様のためになるシステムを

念頭にお客様のためのベストパートナーとして高い技術力を持ち

そして未来型のシステム提案ができる企業を目指します。

お客様のためになることは全て吸収したいとおもいますのでどんどん質問を

私達に投げかけて欲しいと思います。

 

なかなか面白いシステム開発の社長日記

個人的に、何かしらを読むこととか、あとは自分で何かを書くと言うことは好きです。
特に日記に関しては、私は習慣化しているので、結構豆に書いています。
そして、他の人のブログを見たりするのもなかなか参考になって好きです。
結構自分とは違う切り口での話を読むことが出来るので、なかなか楽しいのではないかと思うのです。
さて、そんな私が注目しているのがシステム開発の社長日記です。
まず読んでみると面白いのです。
もちろん、文章の構成が面白いというよりは、その内容が目新しくて良いなと思うのです。
知らないことも書いてあるし、また、企業について、市場について、色々な事が科kれているので良いなと思うのです。
と言うことで、私はそういう社長日記などを見るのが好きなのです。
やはり自分が知らなかった世界のことが書いてあったりして、なかなか参考になること、そしてあとは、色々な考え方を知ることができて、読んでいて面白いことが私がそれを読む理由だったりします。

社長だってシステム開発の一メンバー

システム開発というと、様々な職種で使われていると思いますが、最も多く使われるのがIT企業でしょう。
システムという用語は、入力データを与え、それに何らかの処理を講じたものを出力データとして得るというのが基本的な定義です。
IT企業では、お客様からの依頼に対して、(場合によっては業務改善提案等が入る場合もあります)お客様からのヒアリングやインタビュー、要件定義、基本設計、論理設計、機種選定、コーディング、メインテナンス、運用等を行うことが一般的な業務です。
会社組織や規模によって様々かと思いますが、社長の立ち位置は、ほぼ営業が大半を占めると思います。
大企業の雇われ社長でない限り、営業の出来ない社長はいませんし、仕事が無ければ話にならないからです。
特に、叩き上げの一からコツコツやってきた人間は、営業にも人を見る目も肥えていることでしょう。
数人で経営している企業では、社長がプログラミングもこなす例も珍しくありません。
もちろん、ストレスも多いと思いますが、好きが講じて会社を立ち上げた人も多いので、それなりに良い人生を送っているのではないかと思います。

家を建てるようにシステム開発をする。

常々、システム開発とは、家を建てるようなものだと感じています。
家を建てる場合は、建築はお客様のニーズを聞き出し、簡単な絵や図を使って、ぼんやりとしたニーズを明確にしていきます。
システム開発では、ソフトウェア要求分析がこれにあたります。
ある程度お客様のニーズを把握したら、できるだけお客様のニーズを満たす設計図の作成や住宅設備を決めていきます。
この過程で、構造や法律上の問題等で、お客様のニーズを満たすことができない場合、それをお客様に説明し、実際に建築できるレベルまで持っていきます。
システム開発では、仕様記述やソフトウェアアーキテクチャの決定がこれにあたります。
図面が完成し、住宅設備が決まったら、建築を開始します。
この建築過程で、お客様と詳細について確認しながら、微調整を行っていきます。
システム開発では、実装ということになります。
実際には必要に応じてお客様に確認をしながら、システムの変更をを加え、実装していくわけです。
実際に家が建ったら、ニーズどおり家が出来ているか、お客様は評価する必要があります。
その家に住むのはお客様自身なので、最終的な判断はお客様にあるわけです。
システム開発では、そのシステムがニーズどおり動作するのかシステム開発者が評価します。
しかし、最終的にはお客様が評価しなければなりません。
そのシステムを今後使っていくのはお客様自信なのですから。
家が建って、そこに住み始めると、今まで気付かなかったことが見えてくるようになります。
場合によっては、少し手を加える必要があります。
家も少しずつ手を加えていくことで、より住みやすいものになっていきます。
システム開発では、保守に該当するものです。
システムを使っていくと、次第に改良すべき個所が見えてきます。
これを一定期間後に、保守の過程で改良していき、ユーザーにとってより使いやすいシステムにしていきます。
システム開発と家を建てることって似てるでしょ。

システム開発をする際には、家を建てるように、真摯にお客様の声を聞き、慎重に開発することが重要なのです。

システム開発に関心がある人にとっては

今はいろいろなことが新しくなっていって、何にせよ進歩していくものだと思いますが。
その中でも特に、「科学技術に関したこと」というのは、私たちの生活に影響をおよぼす可能性が高いことだと思いますので、自然に関心も出てきますよね。
そういったことの中のうちの一つとして。
たとえば「Webシステム開発」について、ということがあるのではないかと思います。
今はもうパソコンを使わないことはないというくらい、普段から使用するものですから、それにともない「Webのシステム開発」についても、興味がわくことなのではないかと思います。
システム開発の状況はどうなっているんだろう、とか。
あるいは「システム開発会社というのはどういう感じなんだろうか」とか。
特にそういうことに興味がある人にとってはそれこそ、「システム開発 社長日記」でも読んでみたい、と思うこともあるかもしれないというくらい、興味を感じることなのではないかと思います。

システム開発 社長日記には苦労がいっぱいか

システム開発 社長日記というものがあったとしたら、そこには苦労がいっぱいつづられているか、はたまた新しいシステムに関する夢のような構想がつづられているか、どちらだろうと思います。
現実には苦労のほうが多く、いろいろな心配の種やうまくいかずに落ち込んだこと、顧客からのクレームなど、頭の痛い問題のほうが、日記の紙面を埋めているように思います。
けれど、これまでの世の中にはなかった、新しいシステムを作り出すような会社の社長さんの日記には、できれば壮大な夢や、それを実現する構想がびっしりとつづられていてほしいと思います。
私が働き出したころ、Windowsなど誰も知らなかったものですが、いまや会社でも家庭でも、一人一台のパソコンが当たり前になりました。
これもひとえにシステム開発の賜物だと思います。
これからの日本をより強く、新しい国にしていくためにも、システム開発に期待するところは大きいと思います。
そんな社長さんには、やはり夢をつづってほしいと思います。

システム開発会社の社長が日々考えていることは

システム開発にかかわる会社の資産とは何だか分かりますか。
大規模な開発を可能にするコンピュータや、過去の膨大な情報を管理するサーバマシンを思い浮かべる方がいらっしゃるでしょうか。
あるいはシステム開発のノウハウだろうと思われる方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、システム開発企業にとって最大の資産は人材です。
プログラマやシステムエンジニア、マネージャーなどの頭脳が最大の資産です。
システム開発のノウハウは彼等の頭の中から生まれてきますし、どんなに優れたコンピュータがあっても、それを使う人間の能力が足りなければ意味をなしません。
過去に開発したシステム情報は、すぐに陳腐化してしまいます。
すると何よりも、人材、つまり社員が大切な資産なのです。
いかに優秀なスタッフを集めてくるか、いかに優秀なスタッフを効率的に働いてもらうか、そして優秀なスタッフたちの苦労にいかにして報いたらいいのか。
システム開発社長は日々、そんなことを考えています。
もちろん、本業のシステム開発のことも考えることがありますが、経営者としては社員のことが第一なのです。

最近、色々な方のブログを見ることが多い…というか趣味の私ですが、ちょっとはまっているのがシステム開発をしている会社の社長さんの日記。
社長日記にはまっていたりする訳なのです。
「システム開発 社長日記」なんかで検索かけてみるとたくさんの日記が出てきますが、本当に内容も様々です。
だいたい私の想像するシステムを開発する会社っていったら難しい言葉が飛び交っていて社長さんも難しい方なのかな…って。
まぁブログの内容は確かに難しいことも多く書いてありました。
起業するに至るまでや成功するまでの道のりとか。
私みたいに趣味で覗くのもいいですけど、社長さんがお勧めする本なんかも載せていたり、これからシステム会社を起業したい・成功させたいという人に本当に参考にしてほしいと思います。
そして、サイトだけではわからない会社の雰囲気も社長さんのブログを見れば何となくどんな会社なのかを感じ取ることができると思います。
ぜひみなさんも一度システム会社の社長さんのブログを見てみることをオススメします。

システム開発会社も社長日記でイメージアップ

最近いろんな会社のホームページなどに、社長ブログのようなコーナーがあるのを目にします。
調べものしようとその会社のページを開いていても、難しいことを考えるのが苦手な私は、そのようなコーナーを見つけるとすぐにクリックしてしまいます。
社長の日常ってとても興味があるんです。
どれだけゴージャスな生活ぶりなのかと、ついのぞいてみたくなるのです。
でも意外に普通の人と同じような一日を送っている社長も多いんですよね。
孫にはデレデレだったり、愛犬を激写しまくったり、娘さんのことで悩んでいたり。
そしてそこから入るとその会社雰囲気も何となくわかってきます。
こういう思想をしている人がやっている会社なのでから、きっとこういう感じなんだろうと知らない間に思い描いているのです。
たとえばシステム開発会社の社長というと、とてもきっちりした人だというイメージを受けます。
しかし社長日記なるものを読んでみると、とても柔和な考え方をすることがわかったり、社員を大切にしていることが読み取れたりします。
結果的にそのような人が開発するシステムなのだから、きっと素晴らしいものなんだろう、というように会社全体のイメージが上がることもあるのです。
これこそが社長が消費者や利用者との距離を縮め、その会社に親近感を持ってもらえる最強の方法なのではないでしょうか。

システム開発の社長の日常

システム開発の会社の社長から見た日記やブログがあれば見てみたいと思います。
どのようなお客さんが依頼をしてきて、そしてどのようなものを作るのかというのは凄く興味があります。
私もシステムについては結構興味があるので自分が依頼をする時の参考にすることができるかも知れません。
そして日記を見てみることによって会社そのものを判断することもできるのではないかと思います。
どれくらい頻繁に仕事が入ってくるのかとか、仕事の出来なども見ることが出来るからです。
それから社長と社員とのふれあいについても知ることができるのがいいと思いました。
やはり社員と凄く良好な関係を作っている会社は凄くいいのではないかと思います。
みんなでそれぞれ意見を出し合うことによっていいものを作る事が出来るからです。
ブログを見てみると本質などがよく分かると思います。
ブログで日記を公開することによって自分の仕事をちゃんと開示してるというところにも信頼性があっていいと思います。

システム開発会社の社長日記はとても面白い

最近は、ブログなどを利用した社長日記が非常に流行っています。
時には、メディアで紹介されるほど話題になることもあって、そのような社長日記には膨大な量のアクセスが集まります。
最近流行りの社長日記の中でも、システム開発会社の社長日記はとても面白いものです。
システム開発会社の社長というと、職人肌で頑固な人物を思い浮かべる人も多いかと思いますが、そんなことはなくユーモア溢れる社長達が面白おかしく、システム開発会社で社長業を営む日々を書き綴っています。
このような社長日記を同業者の社長が見れば、共感を覚える部分もあるでしょう。
社長日記がきっかけとなって、社長同士の新たな交流が生まれる場合もあるようです。
また、システム開発会社の社長日記では、自社の新製品情報などの告知もされるため、最新の技術をいち早く知ることもできます。
今や、社長日記は単なるコミュニケーションツールとしてだけではなく、立派なビジネスツールとして成り立っているのです。

最近のブログ記事

ウェブページ